Word 名前を付けて保存する



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

いくら素敵な文章を作成しても、それを保存する方法を知っていないと元も子もありません( ;∀;)

そもそも「名前を付けて保存」って?と思うかもしれませんが、読んで字のごとく「自分の好きな名前を付けて保存」することを指します(*_*;

例えばですが、Wordファイルを作成したときに自動で生成されるWord文章の名前は「文書1」という名前です・・・

これでは、そのファイルに何が書かれているのか全く把握できませんよね?

契約書なら○○契約書などのファイル名を付けて保存しておかないといけません。

なにより、定期的に保存をしておかないと、PCがフリーズしてしまうようなトラブルが起きた時に保存しておかないと数時間分の作業が「無」になってしまうこともあり得るからです。

この記事ではそのような事を起こさないために、Wordファイルを自分の好きな「名前をつけて保存」する方法を解説します!

名前を付けて保存する方法

名前を付けて保存する方法はとっても簡単です(^^♪

まず「ファイルタブ」をクリックします。

すると「バックステージビュー」が表示されます。

ここまでの操作は「Ctrlキー+Sキー」のショートカットで一度で行えます。

いろいろな項目がある中で「名前を付けて保存」があると思いますので、そちらをクリックしてください。

すると下記のような画面になるかと思ます、

今回は自身のパソコン上にファイルを保存するので、「このPC」という項目を選んでください。

すると下記のように「ファイル名の指定」と「保存先の指定」をするフォームが出てきますので、保存先を指定してからファイル名を入力して保存ボタンクリックしてください(^.^)

もし、このファームがわかりにくいと感じたら「参照」という項目をクリックすることで保存先を指定するウィンドウを開くことも可能です。

参照をクリックすると下記画像のようになります、画像左側にある保存先からファイルを保存する場所を選択して、赤枠の部分にファイル名を指定して保存をクリックしてください。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です