Word 太字・斜め字(斜体)にする



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

文書を作成しているときに、ある一定のフレーズを「強調」させたい時ってありますよね( *´艸`)

そんなときにおすすめなのが「太字」と「斜め字(斜体)」です(^^♪

というわけで、今回は「太字・斜め字(斜体)にする方法」をご紹介していきます(^^)

文字を太字にする

ではさっそく文字を「太字」にしていきましょう。

太字にしたい文字を選択する

まず、太字にしたい文字を選択してください!

太字にしたい範囲の先頭にカーソルを合わせて、左クリックをしたまま引っ張ってください!画像のように選択された文字の背景が変わります。

太字にする

続いて「ホームタブ」の「フォント」欄の「B」をクリックしてください。

選択中の文字が、太字になっていれば成功です(^^)

文字を斜め字(斜体)にする

さて、基本的には太字とは同じ流れなのです(笑)

斜め字(斜体)にしたい文字を選択する

まず、太字と同じく、斜め字(斜体)にしたい文字を選択してください。

斜め字(斜体)にしたい範囲の先頭にカーソルを合わせて、左クリックをしたまま引っ張ってください!画像のように選択された文字の背景が変わります。

斜め字(斜体)にする

続いて「ホームタブ」の「フォント」欄のIをクリックしてください。

選択中の文字が、斜め字(斜体)になっていれば成功です(^^)

今回は「太字」かつ「斜め字(斜体)」にしているのでちょっとくどいくらい強調されていますね(笑)

おまけ:豆知識

さて、ちょっとした豆知識ですが、WindowsVistaより追加された「メイリオ(Microsoft発表)」というフォントがあるのですが、Microsoftが日本では斜体の利用する文化がないようなことを理由にメイリオの日本語は斜体に対応させなったそうです(笑)

現在主流であるWindows10で使用されている 「Yu Gothic UI」では日本語も斜体対応していました(笑)

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です