Word Wordの画面構成



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、今回はWordの画面構成について解説していきます(^^)/

Wordの画面構成

新入社員やPCが苦手な方にとってOfficeソフトを触ったことすらない方も居るのではないでしょうか?

それでも先輩方がやさしく教えてくれることでしょう・・・ですが!メニューの名称など知らないとせっかく教えてくれてくれいているのに理解ができないまま、そして先輩方もじれったい気持ちになってしまうことでしょう( ;∀;)

この記事では、せめて画面の構成を覚えておくことで、先輩の言っていることを理解できるくらいになる事を目的としています(^.^)

Wordの基本画面

画像はWord2016を元に作成しております

Word画面構成:カーソルと段落・改行

文字を入力する位置を表すマークのことを「カーソル」といいます、文字入力をするとこのカーソルがある地点から文字が入力されます。

そして「折れた矢印のようなもの」が段落を表す「段落記号」となります、私は面倒なので普段は「改行」として話しますが、正式には段落です。この記号の位置がある地点から段落と認識されます。

意外と知らない方も多いのでここで紹介して今いますが、Wordの改行は「Enter」ではありません。

改行=Shift を押しながら Enter

です。これは知らない人が意外と多いので、知っておくと先輩などから【へーそうなんだー】ってなるかもしれません(笑)

ちなみに改行時の記号は「↓(下矢印)」です(^^)

Word画面構成:ページ部分

さて、続いては本文を入力する領域についてです!

Wordでは青い四角の部分が本文を記述するところになります(^.^)

申し訳ないですがこの部分の正式名称がわかりません(笑)私は【ページ部分】と呼んでいます(*_*;青い領域が文章を入力できる位置になり、その周りの白い部分が「余白」となります。

本文の領域の端にかっこのようなものがありますよね?このかっこのことを「裁ちトンボ(たちとんぼ)」といいます。

裁断するための目印のようなものですね、この裁ちトンボは基本的には印刷時には表示されないので、はじめは本文を入力できる領域の目印程度に思っていてください。

Word画面構成:スクロールバー

画面の右端にある細いのものが「スクロールバー」です、インターネットエクスプローラーなど他のソフトを使用していても恐らく表示されるかと思います(^.^)
スクロールバーは、ページ部の全体が表示できていない場合に表示されます(^^♪

このスクロールバーの下部にある[▼・▲]の部分ををクリックしていくと、ページ部分をスクロールすることができます(*’▽’)

[▼・▲]以外でもバー自体をドラック(左クリックを押したままマウスを動かす)すれば好きな位置にスクロールすることができます(^^)

Word画面構成:タブ・リボン・クイックアクセスツールバー

さて、タブやリボンなど、聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、Wordのメニューの部分の名前です、開設時にも使うことが多いのでぜひ覚えておいてください(^^)/

タブ

まずは「タブ」について、赤枠の部分がタブの部分となっており、それぞれ「ホームタブ」・「挿入タブ」・「デザインタブ」といった具合に機能別に切り分けられており、このタブを切り替えることで様々な機能を使うことができます!

リボン

続いて「リボン」について、リボンはタブを含めた赤枠の部分の総称を指します(^^♪

クイックアクセスツールバー

そして最後に「クイックアクセスツールバー」です、クイックアクセスツールバーは下の画像の赤枠の部分を指します、ファイルを保存するマークがある関係上一度は皆さん使ったことがあるかと思いますが、正直有効活用している方は少ないですね(笑)

ちなみにクイックアクセスツールバーの機能は自分の好みで変えることができる部分になります(^^)/

Word画面構成:ステータスバー

続いて「ステータスバー」です、ステータスバー、これはあまり聞いたことないかもしれませんね、このステータスバー画面下部にある長細い枠の部分を指します。

このステータスバーは様々な情報を表してくれているとっても便利なものなのでぜひ有効活用しましょう(^^)/

このステータスバーは自分の好きな項目を表示するようにカスタマイズができます(^^)

ひとまずデフォルトの状態で表示されているものについて簡単に解説します。

ステータスバー左側

ステータスバーの左側には

  • 現在のページ数
  • 現在の文字数
  • 現在の入力モード

が表示されています。

文字数のカウントなどは個人的にはかなり便利です(笑)

ステータスバー右側

ステータスバー右側には

  • 現在の表示の状態
  • ズームスライダー&ズーム倍率

が表示されています

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です