VBA 【WeekdayName関数】数値を曜日に変換する



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、Weekday関数でご紹介したましたが、Weekday関数は対象の日付に対して曜日を「数値」で返す関数でしたが、今回ご紹介するWeekdayName関数は「数値を曜日として返す」関数です(^^)

今回は数値を曜日に変換するWeekdayName関数について解説していきたいと思います。

VBAのWeekdayName関数とは?

先ほども説明しましたが、WeekdayName関数は数値を曜日として返す関数です。

なので日付をもとに曜日を数値で返す「Weekday関数」とは相性がいいかかと思います(^^)

Weekday関数についてはこちら【VBA 【Weekday関数】日付の曜日を返す

WeekdayName関数の書式

WeekdayName関数の書式は以下の通りです。

WeekdayName関数の引数は3つあります。

引数名説明
weekday必ず指定します。曜日を示す数値を指定します。Firstdayofweekの設定によって内容は変化します
abbreviate【曜日】を表示するかを指定します。表示しない場合はTrueを記入し、省略するとFalseが返され【曜日】は表示されます
firstdayofweekオプション。週の最初の曜日を指定する定数です。指定しなかった場合は、vbSunday (日曜日)が使用されます。

firstdayofweekの設定

引数のfirstdayofweek の設定はこのようになります。この部分はWeekday関数と同じです。

vbUseSystem0NLS API 設定を使用します。
vbSunday1日曜日 (既定)
vbMonday2月曜日
vbTuesday3火曜日
vbWednesday4水曜日
vbThursday5木曜日
vbFriday6金曜日
vbSaturday7土曜日

WeekdayName関数の使用例

では実際にWeekdayName関数を使用してみましょう(^^♪

今回は簡単に使用した場合の例をご紹介します。

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です