数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法

どうも、takaです、今回は数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法をご紹介します。

用意するフォーム

今回はTextBoxを一つだけ用意する簡単なフォームで実践していきましょう。

  1. TextBox1

だけです。

数値だけ入力するようにするコード

今回のコードの説明をしていきます。下記のような形で動いています。

  1. フォームの読み込み時にIMEModeを使用禁止にする。
  2. キーが押されたときに発生するイベントKeyPressを使用し、【文字コードから文字列を返すChr関数】を使用して押されたキーを判定
  3. 2のままだと文字列をペーストされたときに対応できないため。Changeイベントにて【数値であるか判定するIsNumeric関数】を使用してペーストされた値が文字列かを判定する

このような流れをそって判定させています。入力を制限したい場合などの時に使用してください(。-∀-)

 

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

 

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です