VBA シートを五十音順で並び替え(ソート)する方法



どうも、takaです(^^♪

Excelを使用していると沢山のシートを扱う時があるかもしれません、例えば個人の情報で個人別でシートを用紙してある場合などの場合は得意すごい数になってしまうかもしれません(;^ω^)

このような場合の時「並び替え」したいと思ったことがないとは言わせません

そんなわけで、今回はVBAでワークシートを五十音順でソートする方法をご紹介していきたいと思います(^^)/

シートを五十音順で並び替え(ソート)するサンプルコード

さて、早速今回のシートの並び替えのサンプルコードを掲載します(^^)/解説はコメントにてしております(-ω-)/

ビフォー

アフター

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標