VBA リストボックスの一番下を表示させる方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪
今回は久しぶりのVBATipsです(笑)
さて、みなさんはListBoxコントロールを使用していて「フォームを開いた時に一番下のデータを表示してほしい」
と思ったことはありませんか?
私はそう思ったことがありました(笑)

今回はそんなお悩みの為に簡単に「リストボックスの一番下を表示する方法」
について解説していきます(^_^)

ListBox(リストボックス)の1番下を表示するフォームを用意

とりあえず今回はすごく簡単に表示させるフォームを用意します。

フォーム構成は以下の通りです。

  • リストボックス1つ
  • コマンドボックス2つ

です。

データをリストボックスに表示させる

まずは表示させるデータを用意します。

今回は都道府県を表示させます。

リストボックスの1番下のデータを表示させるサンプルコード

さて、そしてお待ちかねのリストボックスの1番下のデータを表示させるサンプルコードですが、とっても簡単。

これだけです(笑)

リストボックスの選択位置を指定できる【ListIndexプロパティ】の値を、リストボックスのデータの件数を取得する【ListCount プロパティ】を【- 1】で指定する事でリストボックスで表示されているデータの一番下を表示(選択)することができるのです。

【ListIndexプロパティ】で選択位置を指定した場合、リストボックスのクリックイベントが発生しますのでご注意ください。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です