VBAでタイマーを作ってみた

スポンサードリンク

VBAでタイマーを作ってみた

どうもtakaです、今回は【VBAでタイマーを作ってみた】です!

前に時計は作ったことがあったので今回は【タイマー】を作ってみました( ^ω^ 笑)

VBAで時計を作ったときのことについてはこちら

ユーザーフォームに時計をつけてみる
ユーザーフォームに時計をつけてみる今回はExcel VBAのユーザーフォーム上に時計を付けてみようと思います。あまり必要ないかもしれませんが暇つぶしにでもご覧ください...

作成イメージ

今回はTextBoxに入力した秒数を指定してボタンを押すことによって秒数をLabelに表示するという物になります。

タイマーを作成してみる

まず時計を作成するにあたり、今回用意するものは

  • TextBoxコントロール・・・・・1つ
  • Labelコントロール・・・・・・1つ
  • commandbuttonコントロール・2つ

この4つだけです大丈夫です。

タイマーのコード

タイマーのコードはこちらです、コメントアウトして解説していますので参考程度にご覧ください(。-∀-)

タイマーのダウンロードファイルを用意しましたのでそちらもご覧ください(^^)

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

ブログランキング


【E-VBA】はブログランキングに登録しています(∩´∀`)∩


にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。
今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標