VBAでストップウォッチを作ってみた



VBAでストップウォッチを作ってみた

どうもtakaです(^^♪ 今まで【ユーザーフォームに時計をつけてみる】と【VBAでタイマーを作ってみた】の2度ほど時計ネタをやってきましたが・・・

今回は第三弾【ストップウォッチ】です(笑)

ストップウォッチをVBAで使う場面をあまり想像できませんがネタ切れし始めているのでもう何でも作ってみようと思い作成しました(;^ω^)

そろそろ中一日の更新もキツイです←

作成イメージ

本当にストップウォッチだけで、ラップ機能などは全くありません(;´・ω・)

まぁ今つぶしにでもご覧ください(;´・ω・)

用意するフォーム

今回用意したフォームは

  1. labelコントロール・・・1つ
  2. commandbuttonコントロール1つ

のみです( ^ω^ )

 

ストップウォッチのコード

ストップウォッチのコードはこちらです、コメントアウトして解説していますので参考程度にご覧ください(。-∀-)

※フォーム上で記述していますが、編集すればセル上での表示も可能です(^^)

 

 

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



2 件のコメント

  • cheap wholesale nfl jerseys

    I am extremely impressed with your writing skills postcheap nfl jerseys as well as with the layout on your weblog with cheap nfl jerseys. Is this a paid theme or did you modify it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, it is rare to se…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標