VBA VBAでファイルを削除してみよう!



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、VBAでファイルを削除したいと思ったことはありませんか?

正直私はVBAから削除したいと思ったことはあまりないんですが←

ですが、そういう機会が全くないというわけではないと思うので今回は【VBAからファイルを削除する方法】についてご紹介してきます(^^♪

VBAからファイルを削除する:Killステートメント

はい、VBAからファイルを削除するには「Killステートメント」を使用します。Killなんて物騒なネーミングだなと思うのですが(;^ω^)そういう使用なんで仕方ありません(*_*;

このステートメントを使用することでVBAプログラムからファイルを削除することができます。

Killステートメントの書式

Killステートメントの使用方法は以下のようにします。

 Kill "削除したいファイルのパス"

試しにDドライブのaaa.txtというファイルを削除してみます。

 Sub sample()
  Kill "D:\aaa.txt"
 End Sub

存在しないパスやファイル名、使用中のファイルを削除しようとするとエラーになります。

また、

Killステートメントの注意点

さて、Killステートメントを使用して削除する場合、ファイルはごみ箱に保存されないため注意が必要です(*_*;

もちろん、復元ソフトなどを使えば復元は可能だと思いますが・・・それでも間違って大事なファイルを削除してしまうということは避けるべきです。

また、このKillステートメントは削除時に確認のメッセージなどは表示されることはないためその点も注意が必要ですね。

このような時のためには念のためメッセージボックスなどで確認のメッセージを配置しておくことが良いでしょう。

リンク:メッセージボックスを使いこなす【yes/no】

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です