VBAの資格【ExcelVBA Standard(スタンダード)】について

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

今日はVBAの資格あるVBAエキスパートの【ExcelVBA Standard(スタンダード)】の試験内容(概要・試験範囲・勉強法・受験すべきか)についてご紹介していきたいと思います(^^♪

前回の【ExcelVBA Standard受験記】はこちら

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪今回はいつもとちょっと違う類のお話で、VBAの資格【VBAエキスパート】に2017/4/26に挑戦してましたのでその報告と感想をお話ししたい...

VBAエキスパートExcelVBA Standard(スタンダード)について

ExcelVBA Standard(スタンダード)について概要をまとめたのが下記の表です

項目内容
問題数40問前後
出題形式択一問題、複数選択式問題、穴埋め式問題
試験方法コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間50分
合格基準650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。
受験料(一般)14,580円(13,500+消費税8%)
受験料(割引受験制度適用)13,176円(12,200+消費税8%)

引用:http://vbae.odyssey-com.co.jp/about/outline.html

この表を見てわかる通り受験料がやたら高いです。一般の国家資格などと比べると受験料が倍以上します。なるべく一度で取得したいところですね(;^ω^)

票を見ていて気になるのは試験方法ではないでしょうか?

このCBT試験というのはPC上で選択や記述をして回答をしていく試験形式のことで、この試験の特徴はPC上で選択や入力をし、そして良くも悪くも試験結果が試験終了後数秒で判明することです。。。

※試験日程や詳しい情報は公式サイトでご確認ください。

VBAエキスパート公式サイト

VBAエキスパートExcelVBA Standard(スタンダード)の試験範囲

下記の表を見てわかる通り、Standardの試験範囲は結構広いです(;^ω^)

大分類小分類
1.プロシージャ
  1. 引数の意味
  2. 引数の宣言
  3. 値渡しと参照渡し
2.イベント
  1. イベントとは
  2. ブックのイベント
  3. シートのイベント
3.ステートメント
  1. Select Case
  2. Do…Loop
  3. For…Eachほか
4.関数
  1. よく使う関数
5.エラーへの対処
  1. On Error Goto
  2. On Error Resume Next
  3. Errorオブジェクトほか
6.APIとOLEオートメーション
  1. OLEオートメーションの概念
  2. OLEオートメーションの使い方
  3. OLEオートメーションの注意点
  4. APIの概念
  5. APIの使い方
7.変数と配列
  1. 静的変数
  2. 動的配列
  3. オブジェクト変数
  4. ユーザー定義型
8.レジストリの操作
  1. レジストリの概念
  2. レジストリ操作の注意点
  3. レジストリに登録する
  4. レジストリを取得する
  5. レジストリを削除する
9.ファイルの操作
  1. テキストファイルの操作
  2. ファイルのコピーと移動
  3. フォルダの操作
10.ユーザーフォームとメニューの操作
  1. ユーザーフォームの操作
  2. コントロールの操作
  3. メニューとツールバーの操作

引用:http://vbae.odyssey-com.co.jp/about/excel_standard.html#kamoku2

試験範囲はこのように10の項目に分かれて出題されます、仕事でVBAを使っている方なら公式テキストをしっかり読めば合格できるレベルだと感じました(^^)/

VBAエキスパートExcelVBA Standard(スタンダード)勉強方法

私が思うに、ExcelVBAスタンダードの勉強方法は主に公式テキストとそれに付随する模擬問題を使用する、この一択だと思います(^^♪

もし心配であれば別にvectorでも別の模擬問題をダウンロードすることが出来るのでこの問題もやっておくとなお安心です(^^♪

私が実際に受験した感想からすると、公式テキストだけでも十分合格できると思いました(不合格でしたが(笑)

【ExcelVBA Standard】試験でも【ExcelVBA Basic】の試験の内容が出題されるので、念のため公式テキストは【Basic】と【Standard】の二つを購入することをおすすめします(;^ω^)


 

そして受験記にも書きましたが、記述式が多いのでスペルを間違えないようにしておくのと、模擬試験で出て来ない問題が多いので問題の答えを覚えるのではなく、なぜそうなるのか?を考えるようにして勉強をすることが合格への近道になります(^^♪

VBAエキスパート受験記はこちら

VBA資格【VBAエキスパート】に挑戦してみたこんばんは、takaです、今回はいつもとちょっと違うお話でVBAの資格【VBAエキスパート】に4/26日に挑戦してましたので、その...

VBAエキスパートExcelVBA Standard(スタンダード)は受験すべき?

では【Standard】は受験すべきか、これは人それぞれだと思いますが、もし【ExcelVBA Standard】のみで転職や昇給をお考えの場合、はっきり申し上げます。この資格で転職や昇給が見込めるか?と言ったらです。

これはあくまで私個人の考えですが、ExcelVBAの資格を持っていても一般の事務職以外ではあまり重宝されません(;´Д`)

残念ながら今の時代VBAだけでの開発の需要が少ないからです(ノД`)・゜・。

昨今スマートフォンの普及により【JAVA】などの言語の需要が高く、逆にVBAのシステムを使用している会社も少なくなってきている傾向にあります(;^ω^)

なのでVBAの資格があるからといってプログラマーになれる、というわけでもありません。
開発系の仕事に就きたいのならVBA以外の言語を覚えておかないと厳しいと思います。(可能性がゼロという訳ではないです)

ですが、持ってないのと持っているのとでは 持っている方がいいですし、転職に対しても多少のアピールにもなることでしょう(^^♪

ですが、だからと言って【この資格があったから就職できました。】というようにはならないと思っておいていいと思います(;´Д`)

じゃあ誰が受験すべきなのか?

私が思うに1つは就活生です、まず資格はないよりあった方がいいですし、事務職なら喜ばれる資格ですので事務職に就く気があるならおすすめです。

あとは私のような我流で覚えた人です(;^ω^)

資格を取るべきという訳ではなく、独学ですっとばしてしまった基礎を一から覚えるためです。覚えながらついでに資格もとってしまう・・・まさに一石二鳥で私はいいと思います(^^♪

資格が取れるとなればモチベーションも上がりやすいですからね(^^)/
※これはあくまで個人の意見です。資格を取ろうという心意気は素晴らしいことです、もし興味があるのでしたらぜひ受験してみてください(^^)/

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です