VBAで画面の解像度を取得する方法(API)



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

VBAで画面の解像度を取得する方法(API)

どうもtakaです、今回はWindowsAPIを使用してVBAから使用しているディスプレイ(モニター)の解像度を取得する方法をご紹介します(^^)/

誰が得するかわかりませんが・・・(。-∀-)

※今回はAPIを使用しますのでAPIの使用ルールを守ってお使いください。
VBAでAPIを使う方法】はこちら

解像度を取得する方法

画面の解像度を取得する方法には【GetSystemMetrics関数】を使用します。GetSystemMetrics関数はディスプレイの様々な情報を取得することができる関数です。
今回はそのなかの一つをご紹介するという形になります。

GetSystemMetrics関数でディスプレイの解像度を取得する場合は「SM_CXSCREEN」(幅)と「SM_CYSCREEN」(高さ)を使用する必要があります。

Microsoftヘルプ参考

 

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です