VBA Value2プロパティって知っていますか?



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^_-)-☆

今回は久しぶりのVBA Tipsです(^^)/

個人的にはあまり知られていないと思っている「Value2プロパティ」についてご紹介していきます(^^)

Value2プロパティって?

さて、皆さんがよく使うプロパティは「Value」ですよね?大丈夫です、間違っていません(笑)

「2」に騙されてはいけません、このValue2は上位互換という訳ではなく、使い道が違うだけです(^^♪

Value2とValueの違い

さて、では「Value2とValue」がどのように違うのかを解説していきます!

今回はこのA1のセルのデータを参照していきます(^^♪

このコードを実行すると「2018/6/4」が返されました、これはTODAY関数の戻り値を返してきます、この時返ってくる値はセルの書式は関係ありません。

ですが、しっかりと「日付のデータ」として戻ってきます。

では同じデータで「Value2」を実行してみましょう~

まさかのシリアル値が返されるんですね(笑)※この値をセルの書式で日付の書式にすると日付の形で表示されます。

そう、この「Value2」は日付の型と通貨型のデータの型を使用しないで浮動小数点型で返すという特徴があるんですね(; ・`д・´)

逆に言えばその特徴が必要なければ「Value2」は必要ありません(笑)

おまけ:セルのデータをいろいろな形で取得してみる

せっかくなので、いろいろな形でセルのデータを取得するコードを表示しておきます!

  • Value=セルに入力されているデータを取得
  • Text=セルに表示されているデータを取得
  • Formula=セルに入力されている数式を取得
  • Value2=セルに入力されているデータを取得(日付の型と通貨型のデータの型を使用しないで浮動小数点型で返す

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です