ユーザーフォームの表示位置を指定する方法



ユーザーフォームの表示位置を指定する方法

VBAのUserForm(ユーザーフォーム)を作成して起動するとき起動位置が気になることはありませんか?ユーザーフォームは規定では【Excelのウィンドウの中央に表示する】という設定がされています。

なのでExcelのウィンドウが上にある場合は上に表示されてしまいますし、下にある場合は下に表示されてしまいます。ですがこの設定は簡単に変えることができますので今回はユーザーフォームの表示位置を指定する方法をご紹介したいと思います。

ユーザーフォームの表示位置の設定

ユーザーフォームのプロパティには【StartUpPosition】という項目があります。この項目を変更することによってフォームの表示位置を変更することができます。

設定の一覧は以下の通りになります。

設定説明
手動0初期設定値を指定しません。
オーナーフォームの中央1Excelウィンドウの中央。
画面の中央2画面全体の中央。
Windowsの規定3規定といっても画面の左上隅

 

コード

一応位置を表示するにあたりコードでも設定できます、フォームの起動時に発生するイベント(Initialize)にコードを書くことによってフォームの表示位置を設定することが可能になります。

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標