ユーザーフォームについて1



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

ユーザーフォームについて1

ユーザーフォームはExcelVBAの機能として標準設置されています。

ユーザーフォームを使えばExcelで作成したと思えないプログラムができます。
私が作成したExcelCRMもこのユーザーフォームを使用して作成しています。今日はユーザーフォームについての説明を書いていきます。

ユーザーフォームとは

ユーザーフォーム(User Form)とはVBAで自由に設計することができるダイヤルボックスです、そのフォームを使って登録作業するなり、計算するなど、使い方は自由です。

ユーザーフォームを使用する事によって操作性の格段に向上しますので複数ユーザーが使用するシステムの場合は特に導入することをお勧めします。

ユーザーフォーム作成方法

まずはユーザーフォームの作成法から、まずはExcelの開発タブから、または【Alt+F11】でVBEを起動してください。

挿入タブからユーザーフォームを選択するとこのようにフォームが表示されます。

 

様々なコントロール

コントロールというのはユーザーフォームを構成するパーツのようなものと考えてください。

上記の画像は簡単に作成したユーザーフォームですが、【TextBox】や【commandbutton】、【氏名】や【住所】が記載されている【label】これらすべてがコントロールです。ほかにもさまざまなコントロールが用意されており。用途に合ったユーザーフォームを作成することができます。

沢山のコントロールがあり、ここで一つ一つ説明していくのは厳しいので一覧だけ載せておきます。

  • チェック ボックス
  • コンボ ボックス
  • コマンド ボタン
  • イメージ
  • ラベル
  • リスト ボックス
  • オプション ボタン
  • スクロール バー
  • スピン ボタン
  • テキスト ボックス
  • トグル ボタン

上記以外のコントロールもありますが、あまり使用頻度は高くないので、割と使うであろうコントロールだけを載せさせてもらいました。

コントロールによって扱い方が異なるので少しづつ試していくのがおすすめです。

イベント

コントロールには必ずイベントが用意されています、イベントとは【VBAを実行するトリガー】のことを指します。

上記のコードのcommandbuttonは操作対象を示し、clickがイベントを指します。

この部分はコマンドボックスがクリックされたら~という意味になります。

ですのでクリックしたら下記のようになります。

イベントはコントロールによって違いますので作成したいプログラムによってよく考えて割り振ることが大事になってきます。

 

 

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です