VBA【Application.Unionメソッド】複数のセルを参照する



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、今回ご紹介するのはVBAで「複数のセルを参照するApplication.Unionメソッド」です。

複数のセルを参照するというのは、複数のセル範囲を1つのRangeオブジェクとして参照することができるということです。

Unionメソッドの書式

Unionメソッドでは、2 つ以上のセル範囲を1つのRangeオブジェクトとして返します。

書式は以下の通りです。

引数名説明
Arg1セル範囲 (Range オブジェクト) を指定します。必須
Arg2セル範囲 (Range オブジェクト) を指定します。必須
Arg3~Arg30セル範囲 (Range オブジェクト) を指定します。省略可

Unionメソッドの使用例

では、さっそくUnionメソッドの簡単な使用例をご紹介していきます。

下記のコードはセルA1~A3に「ユニオン」という文字列を入力するコードです。

ですが、Unionメソッドは基本的には離れたセルを1つのRangeオブジェクトとして扱うためのメソッドです。

なので上記のように離れてもいないセルをUnionメソッドを使って参照することなんて言うことはあまりありません(笑)

下記のコードのように離れたセルを1つのRangeオブジェクトとして扱いたい時に使用しましょう!

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver