VBA 【Escキー】で処理を中断する、無限ループからの脱出!



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

VBAでDo Loopを使用しているとたまーに起きてしまうこの「無限ループ」・・・まぁ始めはやってしまうものですよね?(笑)

無限ループのせいでExcelが固まってしまい、強制終了させて作業した内容が消えてしまった・・・なんてこともしばしば・・・

今回はそんな無限ループから簡単に脱出する方法をご紹介したいと思います(笑)

注意点
Excelがフリーズしてしまった場合は今回の方法は使えませんのであらかじめご理解ください。

そもそも無限ループとは?

無限ループとは、その名の通り「処理が無限に実行される続けるループ処理」のことを指します。この無限ループは主に「Do Loop」でループの条件を間違えると起きることが多いです、この場合はプログラムは終了することがありません。、永遠にグルグル処理を続けます。

無限ループのコード↓

VBAで無限ループからの脱出 【Escキー】

さて、無限ループになってしまったらどうするか?とりあえず無限ループにすぐに気づいた場合一番簡単なのは、キーボード左上にあるであろう「Escキー」を押すことです(^^♪

注意点
キーボードによっては「Escキー」がない場合がございます。

「Escキー」をVBA実行中に押すと処理が中断されます。

Excelごと固まってしまった場合はタスクマネージャーから強制終了させるのもアリですが、この場合は保存されずに作業内容が消えてしまうので早めに「Escキー」を押して処理を中断させるのがおススメです(^^)/

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です