VBA ユーザーフォームにPDFを表示する方法



どうも、takaです(^^♪

皆さん、ユーザーフォームにPDFを表示したいって思ったことありませんか?・・・ありませんかね(笑)

まぁ、正規の方法としてはAdobeのacrobatというソフトをOLEで操作する必要があるのですが、まぁそんな事をするのも大変なので今回は別の方法をご紹介したいと思います(^^)/

普段PDFはどう見ていますか?

皆さんは、普段インターネット上のPDFを回覧するときは何からご覧になっていますか?

ブラウザですよね?

なので私は考えました・・・WebBrowserコントロールから見に行けば見れるのでは?・・・と。

ウェブページを表示するコントロール【WebBrowserの使い方】

という訳でWebBrowserコントロールを使ってPDFを回覧していきたいと思います(^^)/

ユーザーフォーム上にPDFを表示する方法

イメージとしてはこのような形になります(^^♪作りは非常に簡単で、WebBrowserコントロールとCommandButtonコントロールを1つずつ設置します。

注意点
注意点としてはAdobeacrobatがインストールされていない場合、ブラウザで表示する方法をとる為上手く動作しません。Adobeacrobatをインストールしてからお試しください

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標