文字列データを時刻データに変換する【TimeValue関数】

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

文字列データを時刻データに変換する【TimeValue関数】

今回は文字列データを時刻データに変換するTimeValue関数をご紹介します。

TimeValue関数の書式

TimeValue関数の書式は以下の通りです。

引数 time には0:00:00 (12:00:00 AM) ~ 23:59:59 (11:59:59 PM) の範囲の時刻の文字列を指定できます。この範囲で時刻を表す式で指定することも可能です。引数 が無効な場合はNull が返されます。

TimeValue関数の使用例

TimeValue関数は様々な時刻を表す文字列を読み取って時刻を返します。どのような形式で読み取られるかサンプルコードをご紹介します。

 

 

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です