文字列を指定して変換【StrConv関数】



文字列を指定して変換【StrConv関数】

今回は引数に指定した文字列を、指定した文字種に変換する事ができる【StrConv関数】を解説します。

書式

StrConv関数の書式はこのようになります。

このように文字列を指定して、文字種を指定して変換することができます。

文字種

strConv関数で使用する定数をご紹介します。

定数説明
vbUpperCase1文字列を大文字に変換します。
vbLowerCase2文字列を小文字に変換します。
vbProperCase3文字列のすべての単語の最初の文字を大文字に変換します。
vbWide4文字列の半角 (1 バイト) 文字を全角 (2 バイト) 文字に変換します。
vbNarrow8文字列の全角 (2 バイト) 文字を半角 (1 バイト) 文字に変換します。
vbKatakana16文字列のひらがなをカタカナに変換します。
vbHiragana32文字列のカタカナをひらがなに変換します。
vbUnicode64システムの既定のコード ページを使用して文字列を Unicode に変換します (Macintosh では使用できません)。
vbFromUnicode128文字列を Unicode からシステムの既定のコード ページに変換します (Macintosh では使用できません)。

これをすべて覚える必要はありません。VBEで候補が出たりするのでそれを使用したりするといいでしょう。

その他に上の表の値欄の数値を入れることによって文字種を指定することが可能です。

文字種の欄に【16】を指定することによって【vbKatakana】を指定したことと同義になります。

【とうきょう】が【トウキョウ】になりました。

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標