VBA【Stopステートメント】処理を中断する



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

「プロシージャの途中で中断したい」など、プログラムを途中で中断したいと思ったことはありませんか?

APIのsleepなどは指定した時間分処理を止めるなどではなく。今回は処理を止めるわけではなく【中断】させる方法です。

というわけで今回はVBAで処理を中断させる【stopステートメント】についてご紹介します(^^)/

VBAで処理を中断させる方法

VBAで処理を中断する方法は主に

  1. Escキーで中断させる
    参考【VBA 【Escキー】で処理を中断する、無限ループからの脱出!
  2. Stopステートメントを使用する(今回)
  3. ブレークポイント

の3つです。もちろんエラーなどで処理が中断されることもありますが、任意のタイミングで処理を中断させるのはこの3つです。

今回は箇条書きの3つ目の【Stopステートメント】についての紹介です。

Stopステートメントとは?

Stopステートメントはプログラムの実行を中断するステートメントです。

このステートメントはプログラムの処理を中断しますが、変数や配列の値や、Openステートメントで開いているファイルなどはクリアされません。

ブレークポイントを指定した場合と同じ機能を持っていますので、使い分けが大事ですね!

Stopステートメントの使用例

実際にStopステートメントを使用してみます(^^♪

今回は私のブログにしては珍しく【イミディエイトウィンドウ】を使用します(笑)

今回は中断させて中断時の変数の値を確認するためにイミディエイトウィンドウで変数を確認するためです!

Sub Sample()

Dim i As Long
For i = 1 To 100

    Debug.Print i
    If i = 20 Then Stop '変数【i】が20になったら中断
 
Next i

End Sub

変数【i】の値が20になったところで中断されていますね!

このようにStopステートメントで設定した場所で一度プログラムを停止させることで、中断時の変数などの内容を確認することができます。

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です