StatusBar(ステータスバー)を使用してみる



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

StatusBar(ステータスバー)を使用してみる

どうも、takaです、今回はstatusbarについてです。皆さんstatusbar(ステータスバー)をご存知でしょうか?

私は最初わかりませんでした(;^ω^)Excelのウィンドウの左下の部分なんですが。

あまり目立たないかもしれないこの部分、なんとVBAで制御ができるんです(笑)

という訳で今回はこの部分を操作していきます(^^)/

StatusBarの使い方

StatusBarを制御するには【Applicationオブジェクト】の【StatusBarプロパティ】を使用します。

ステータスバーを既定値に戻す場合は【Application.StatusBar = False】にします。

ステータスバーの使用例

使い方はそれぞれだと思いますが今回はstatusbarで処理のパーセンテージを表したいと思います。

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です