VBA 音声で読み上げ「Speakメソッド」



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

皆さんVBAで音声合成ソフトが作成できるのはご存知ですか?

「あいうえお」のようなTextが「」で読み上げが可能なのです(^^)

私は最近知ったのですが(笑)こんな面白いものがあるとわかったら、いろいろな楽しそうですよね(*’▽’)

なにか考えて制作しようかと思います(^^♪

今回はそんな「音声読み上げ「Speakメソッド」」についてご紹介します(^^)/

 

VBAで読み上げは意外と簡単に可能「Speakメソッド」

音声読み上げ機能というと難しそうな気もしますが、Excelには初めから音声の読み上げ機能が搭載されています(^^♪

読み上げにはRangeオブジェクトの「Speakメソッド」を使用します(^^)

Speakメソッドの書式

Speakメソッドの書式は以下の通りです(^^)/

「オブジェクト」には、Rangeオブジェクトを指定します。
「読み上げの方向」には、読み上げる方向を定数で指定します。定数は通りです!

 

定数読み上げの方向
xlSpeakByColumns列方向
xlSpeakByRows行方向

「数式の読み上げ可否」では、TrueまたはFalseを指定します。Trueを指定すると計算結果ではなく数式を読み上げます。省力・Falseを指定した場合は数式の結果を読み上げます。

下記のコードはA1~A5のセルのテキストを順に読み上げるコードです。

注意点
読み上げ中はExcelの操作不可になります

Rangeオブジェクトのメソッドだと他では使えない?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

ApplicationオブジェクトのSpeachオブジェクトにもSpeakメソッド

実はApplicationオブジェクトにSpeachオブジェクトというものがあって、このSpeachオブジェクトにも同じSpeakメソッドが用意されているんです(^^)/

なのでセル以外でも使用が可能です!下記のコードはinputに入力した文字列を読み上げるコードになります(^^)/

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です