VBA【Shell関数】他のアプリケーションを起動させる



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです、今回は【他のアプリケーションを起動させる【Shell関数】】についてご紹介していきます(^^)/

VBAのShell関数とは?

Shell関数は簡単に言うと実行が可能な拡張子【exe】ファイルを実行して実行に成功したらアプリケーションを起動して、タスク ID を示す Variant (Double) を返すという関数です。

VBAのShell関数の書式

Shell関数の書式は以下の通りです

プログラム名/プログラムのパスを指定することによって実行することができます。

メモ帳などのアプリケーションはプログラム名だけでも起動することができます

実行プログラムをファイルパスで指定すればLINEなどのアプリケーションも起動することが可能です!!

画像のパスは私のPC用のラインのリンク先ですが。これを実行すると

このように開くことに成功しました(^^♪

パスはショートカットのリンク先をコピーしてください( ^ω^ )私自身もまさかExcel(VBA)からLINEを起動する日が来ようとは思いませんでした(笑)

さて、【起動方法】の指定ですが以下の定数が用意されています

定数説明
vbHide0ウィンドウは非表示で、フォーカスは非表示ウィンドウに渡されます。vbHide 定数は Macintosh プラットフォームでは適用されません。
vbNormalFocus1ウィンドウにフォーカスが移動し、元のサイズと位置に復元されます。
vbMinimizedFocus2ウィンドウはフォーカス付きでアイコンとして表示されます。※規定
vbMaximizedFocus3ウィンドウはフォーカス付きで最大化表示されます。
vbNormalNoFocus4ウィンドウの最近のサイズと位置が復元されます。現在アクティブなウィンドウはアクティブなままです。
vbMinimizedNoFocus6ウィンドウはアイコンとして表示されます。現在アクティブなウィンドウはアクティブなままです。
省略した場合は【2】が適用されます

Shell関数の使用例

Shell関数を使用してプログラムを起動するイメージはつかめたかと思います。下記のコードはプログラムの起動した場合起動したプログラムのタスクIDを取得するプログラムです。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です