VBAでsheet操作3【sheetの名前変更】

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、VBAでのsheet操作の3回目はsheetの名前変更についてやっていきます!

VBAでsheetの名前を変更するには【Nameプロパティ】

さて、Excelのworksheetの名前はNameプロパティで管理されているので対象のワークシートのNameプロパティで指定してあげることでsheetの名前を変更することができます。

Nameプロパティの書式

書式はこのようになります。

では実際に変更してみましょう。

既存する【sheet1】を【テスト】に変更するコードです

このように変更されたのが分かるかと思います。

まとめ

sheetの操作というのはVBAの中では意外と必要になってくる操作ですので、覚えておきましょう!

他にもVBAのsheet操作について紹介していますので、よければご覧ください!

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です