VBAでsheet操作2【worksheetをコピー・移動】

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

さて、前回につい引き続きWorksheet操作についてご紹介していきます。

今回ご紹介するのはWorksheetの【コピー】と【移動】についてです(^^♪

コピーや移動はsheet操作のなかでも使用頻度が多いので覚えておきましょう(^^)/

sheetの挿入と開くについてはこちら

sheet操作1【worksheetを挿入・開く】worksheetを挿入worksheetを挿入しすにはAddメソッドを使用します、なので【Worksheets.Add】とWorksheetsにAdd メソッドを実行す...

VBAでWorksheetをコピー【Copyメソッド】

今回もsheetは一つだけ用意しておきます

worksheetをコピーするにはcopyメソッドを使用します。Copyメソッドの書式は以下の通りです。

ここで重要なのはBeforeAfterです。

Before手前
After後ろ

では実際にsheet1の後ろ(After)にsheet1をコピーしてみましょう。

では次に手前(Before)にコピーをしてみましょう

 

このように使い分けが可能になります(^^)/

VBAでWorksheetの移動【Moveメソッド】

では次はsheetの移動をしてみましょう、移動するにはMoveメソッドを使用します。書式はcopyと同じですので覚えやすいです。

実際にsheet1の後ろ(After)にsheet1(2)を移動してみましょう。

 

MOVE

まとめ

いかがでしたでしょうか?
sheetのCopyとMove、使用頻度が比較的に高いこの二つのメソッドを覚えておくことは今後のためにもなりますので是非覚えておきましょう(^^♪

 

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です