ランダムな数値を返す【Rnd関数】

ランダムな数値を返す【Rnd関数】

今回はランダムな数値(乱数)を表示する【Rnd関数】について解説していきます。

Rnd関数の書式

Rnd関数の書式は以下の通りです。

number の値戻り値
< 0引数 number のシード値によって決まる同じ数値
> 0乱数系列の次の乱数
= 0直前に生成した乱数
省略乱数系列の次の乱数

 

Rnd関数の使用例

Rnd関数の使用例です、以下のコードは1~10の中でランダムに数値が返されるプログラムです。

ブログの購読・ブログランキング

 

【E-VBA】の更新通知を受け取る場合はこちら↓


【E-VBA】はブログランキングに登録しています(∩´∀`)∩

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標