Excel関数【ROUND関数】Excelで四捨五入する



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、Excelで表を作成していて四捨五入したい時ってありませんか?

そんな時に使用するのが「ROUND関数」です。

この関数を使えば小数点以外に桁を指定して四捨五入をする事も可能なので使い方を覚えておくととっても便利だと思います(^.^)

VBAのROUND関数の使い方についてはこちら【VBA 【Round関数】四捨五入ではない?偶数丸め

ROUND関数とは?

ROUND関数は引数で指定した数値を四捨五入する関数です。

ROUND関数の書式

ROUND関数の書式は以下の通りです。

=ROUND(数値,桁)
引数説明
数値(必須)四捨五入の対象となる数値を指定します。
桁数(必須)四捨五入を行う桁数を指定します。
【重要】
正の数・・・小数点を四捨五入します。
0・・・小数点以下をすべて四捨五入します。
負の数・・・整数部分を四捨五入します。

桁数はわかりにくいので実際に動かしてみて覚えてもらうのが一番いいかと思います(*_*;

ROUND関数の使い方

桁数については下記の表と画像を見ていただけるとなんとなくお分かりになられるかもしれませんが、引数「桁」で指定することで、四捨五入する位置を指定することができます!

  • 正の数・・・小数点を四捨五入します。
  • 0・・・小数点以下をすべて四捨五入します。
  • 負の数・・・整数部分を四捨五入します。

これを意識して使ってもらうと覚えやすいと思います

データROUND結果使用数式
0.0050.01=ROUND(A3,2)
0.0050=ROUND(A4,1)
1.41=ROUND(A5,0)
1.52=ROUND(A6,0)
2630=ROUND(A7,-1)
160200=ROUND(A8,-2)

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver