VBA 【Replace関数】文字の置き換え

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、皆さんは「○○という文字を××という文字に置き換えたい」と思ったことがありませんか?

VBAではReplace関数を使うことで文字を置き換える事ができます。

VBAのReplace関数とは?

VBAのReplace関数は、対象の文字列の中から文字列を検索し、指定した文字列に置き換える事ができる関数です。

Replace関数書式

Replace関数は下記のような書式になります

Replace("対象の文字列","置き換えたい文字列","置き換える文字列")

これだけ見てもピンと来ないかもしれないので、実際に使ってみましょう(;・∀・)

Sub Sample()

MsgBox Replace("有限会社VBA.COM", "有限", "株式")

End Sub

上記のプログラムは

有限会社の有限を株式に変更するプログラムです。実際に実行してみると 有限→株式に置き換えられています。

Replace関数の使用例

先ほどはメッセージボックスを使用しての実行でしたが、次はセルの内容を置き換えるようにしてみましょうデータは前回の記事で使用した男女の、名簿を使用します。

データの一括判定【IFと変数】複数のデータの中で【○○だったら~】という条件を一括で判定するという作業をすることがあると思います。今回は今までご紹介してきた「変数...

今回はReplace関数を使用して【男】を【オネエ】に変換していきます(笑)

Sub Sample()

 Dim i As Long
 Dim row As Long
 
 row = Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).row
 For i = 2 To row
 
 If Cells(i, 2).Value = "男" Then
 Cells(i, 2).Value = Replace(Cells(i, 2).Value, "男", "オネエ")
 End If
 
 Next i

End Sub

このコードで注目していただきたいのは下記の部分です。

 Cells(i, 2).Value = Replace(Cells(i, 2).Value, "男", "オネエ")
上記で説明したようにReplace関数の書式はReplace(“対象の文字列”,”置き換えたい文字列”,”置き換える文字列”)になります。
なのでセルの内容を置き換えたい場合には、対象文字列の部分でセルを指定してあげればいいのです。

それでは実行をしてみましょう

実行結果

まとめ

VBAを使用していく中で、Replace関数はいろいろと応用が利く関数で使用頻度もそれなりにあると思います(^^♪

先ほどの名簿のような表の項目を置き換えるなどの時に一役かってくれることでしょう(^^)/

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です