VBAのセルの操作【Range】

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

ExcelVBAでは、Excelを操作する関係上セルの操作が不可欠になります、セルの操作するのには二つの方法があり、一つは【Rangeプロパティ】、猛威一つは【Cellsプロパティ】です、今回は【Rangeプロパティ】についてご紹介します。

Range書式

Rangeプロパティの書式は以下の通りになります。

Rangeプロパティは「Range(“A1”)」のようにアドレスを指定します。(“”)のようにセルの番地をダブルコーテーションで囲んであげる必要があるので気を付けて下さい。

Rangeの使い方

Rangeの使い方としてはセルを単一で操作する場合か、一括で操作をする場合です。

Rangeを使ってセルを単一操作する場合

セルを単一で操作する場合は上記の書式で使用したコードと同じになります。

セルA1に123を入力するコードになります。

Rangeを使ってセルを一括で操作する場合

セルを一括で選択する場合は(“A1:A5”)のようにセルの番地を【:】で区切ってあげる必要があります。

セルA1~A5に100を入力するコードです。

Rangeで変数を使用する方法

あまりおすすめは出来ませんがRangeで変数を使用する方法をご紹介します。

今回もA1~A5に100を入力するコードにしておきます。

アドレスの【A】の部分は文字列として扱わないといけないのでAは【””】で囲んであげる必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はRangeプロパティについてご紹介しました。

最後にRangeで変数を使用する方法をご紹介しましたが個人的にはあまりお勧めはしておりません、使用するメリットがないためです。

変数を使用する場合はやはり【cells】を使用するのがいいでしょう。

【cells】については近々書きます。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です