プリンター選択のダイアログボックスを表示する方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

プリンター選択のダイアログボックスを表示する方法

VBAで印刷処理するときにプリンターの選択をしたいときはありませんか?

このような処理をした時にはプリンターは【通常使うプリンター】で印刷されるかと思います。個人での使用でならさすがに複数のプリンターを使い分けている人はあまりいないと思いますが。

オフィスではインクジェットやレーザープリンターなどを使い分けている会社様も多いのではないでしょうか?

今回はそのような時に使えるダイアログボックスをご紹介します。

印刷の設定はこちら

VBAで印刷を操作する方法1【印刷・用紙サイズ・印刷向き】VBAで印刷を操作する方法1【印刷・用紙サイズ・印刷向き】という事で、VBAで印刷というのもあまりないかもしれ...

ダイアログボックスの表示

ではさっそくダイアログボックスを表示するコードのご紹介をしていきます。

プリンター一覧を表示するダイアログボックスを表示するにはApplicationオブジェクトのDialogsプロパティを使用します。ボックスの種類を指定するDialogsの引数には(xlDialogPrinterSetup)を指定します。コードにするとこのような形になります↓

このコードを実行するとこのようなダイアログボックスが表示されます。

このダイアログボックスにはExcelの印刷設定に表示されているプリンター一覧と同じものが表示されます。(ようは全て)

私のPCにはプリンターが接続されていないので機械のプリンター名が表示されていませんが(笑)

OK/キャンセルの取得

ではダイアログボックスのOKとキャンセルが押されたときの処理方法をご紹介します。

このようになります、キャンセルの処理は特別必要なければ書かないでもいいかなと思いますが一応ご紹介という形なので記述しました(^^)

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です