VBA 【PMT関数】ローンの支払い金額を求める



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、ローンを組む場合、数十回~多いときは数百回にわたって支払いをするわけですが、この場合一回当たりの金額は一体いくらなのか?気になるときはありませんか?

そんな時に便利な関数がこの【PMT関数】です(^^♪

先日ご紹介した【ざっくりローン計算】でも使用している関数です。

ざっくりローン計算システム作成しましたざっくりローン計算Excelでできる【ざっくりローン計算システム】を作成しました。昨日ふとなんとなくローン計算をVBAでやって...

ローンの利息金額を知りたい場合は【VBA 【IPMT関数】ローン計算で支払い利息を求める

ローンの支払い元金を知りたい場合は【VBA 【PPMT関数】ローンの支払い元金を求める

VBAのPMT関数とは?

PMT関数はローンを借りた場合の一回当たりの支払金額を求めることができる関数です。
住宅ローン・車のローンの計算をするときに必要です。
※この記事はExcelVBAの記事です、Excel関数とは書式は違う可能性があります。

PMT関数の書式

PMT関数の書式は以下の通りです。

引数についてはこちらをご覧ください。

利率そのまま利率を指します。利率を3%としたいときは0.03と入力します
期間ローン期間全体での支払回数の合計の回数です。
現在価値借入金の金額を入力します
将来価値 投資の将来価値、つまり最後の支払いを行った後に残る現金の収支を指定します。 将来価値を省略すると、0 を指定したと見なされます (たとえば、ローンなどの借入金の将来価値は 0 になります)
支払期日支払い期日を指定したいときに使用します。省略したときは0を返し(期末)1を指定したときは(期首)に指定されます。

PMT関数の使用方法

実際に使用してみましょう。

下記のコードは金利2%で5年間(60ヶ月)で返済した場合の金額を求めるコードです。


ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です