sheetをPDFで保存するコード1



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

sheetをPDFで保存するコード1

Excelでの票はいつもどういうもので出力していますか?今の時代PDFなどのデータでのやり取りが主流になりつつありますペーパーレスが進んでいます。ですが以外にもExcelでPDFを出力する方法を知らない方も沢山おられるようです。今回はExcelでのPDF出力、並びにVBAでのPDFの出力の方法をご紹介します。

ExcelでPDFの出力方法

ExcelでのPDF出力は若干わかりにくい部分があるのも事実です、まずはExcelの左上のファイルから印刷タブを選択してください。

※PDFの設定はここの設定が適用されますので注意が必要です。

設定が終了したら次に名前を付けて保存を選択してください。

 

保存先を設定したのちにダイヤルボックスが表示され、ファイル名の下に保存形式を指定するタブがあります。その部分の【PDF】を選択すれば完了です

VBAでPDF出力をする場合

さてここからが本番です、ExcelVBAでPDFを出力をしてみましょう。今回は簡単なPDF化のコードをご紹介します。

このコードがPDFを作成するコードです。

保存対象のシート名はアクティブsheetなどでの指定などをしてください。

このコードが今回一番の主役のPDFを作成するコードになります。そしてそのまま続く

Filenameは保存先とファイル名を指定してあげる部分になります。上のコードはデスクトップ上に保存させるコードになります。

まとめ

今回はPDFをExcel、VBAで保存させるという事をご紹介させていただきました、VBAは今回は初めてですので一番簡単に単純なコードをのせさせていただきましたが実用性には乏しいものになっています。

PDF作成には他にも様々な設定が可能ですので近いうちにご紹介します。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪ Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です