パスワード付きのバックアップを作成する方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうもtakaです(^^♪

12月ももう後半になりましたね(;^ω^)

今年も もう残すところ2週間となりました(;^ω^)

そんな中、未だ今月2投稿目という残念な状態で申し訳ありません、もう少し頑張ります(T_T)

さて、今回は【PassWord付きのbookを作成する方法】についてご紹介します(;´Д`)

password付のファイルを作成するには

password付のファイルを作成するにはWorkbook.SaveAs メソッドの【Password】を使用します。

Workbook.SaveAs メソッドPasswordを使う場合の書式

Workbook.SaveAs メソッドPasswordを使う場合はこのような形になります。

分かりずらく申し訳ありません(*_*;

習うより慣れろという事で下記にプログラムを作成しましたので是非参考にでもしてください( ^^) _旦~~

プログラムの流れ

さて今回のプログラムは大まかに3つの流れに沿っていきます。

  1. passwordを設定する
  2. 保存する先を選択する
  3. パスワード付きのBook保存

今回の表題としては3番が一番重要です\(◎o◎)/!

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です