パスワード付きのバックアップを作成する方法



どうもtakaです(^^♪

12月ももう後半になりましたね(;^ω^)

今年も もう残すところ2週間となりました(;^ω^)

そんな中、未だ今月2投稿目という残念な状態で申し訳ありません、もう少し頑張ります(T_T)

さて、今回は【PassWord付きのbookを作成する方法】についてご紹介します(;´Д`)

password付のファイルを作成するには

password付のファイルを作成するにはWorkbook.SaveAs メソッドの【Password】を使用します。

Workbook.SaveAs メソッドPasswordを使う場合の書式

Workbook.SaveAs メソッドPasswordを使う場合はこのような形になります。

分かりずらく申し訳ありません(*_*;

習うより慣れろという事で下記にプログラムを作成しましたので是非参考にでもしてください( ^^) _旦~~

プログラムの流れ

さて今回のプログラムは大まかに3つの流れに沿っていきます。

  1. passwordを設定する
  2. 保存する先を選択する
  3. パスワード付きのBook保存

今回の表題としては3番が一番重要です\(◎o◎)/!

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

ブログの購読

 

【E-VBA】の更新通知を受け取るにはこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標