VBAでマウスポインターの形を変える方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

VBAでマウスポインターの形を変える方法

VBAに限らずPCを使用しているとマウスのポインターの形が変わることはありますよね?

処理中の場合は砂時計やTextBoxの上に来た場合は【I】のようなものだったり、今回はその制御をVBAで変更しようと思います(^^)/

マウスポインターを変える方法

マウスポインターを変更するには【Applicationオブジェクト】の【Cursorプロパティ】を使用します

定数、数値、説明に関しては下記の表をご覧ください。

Excel以外のウィンドウでは適用されません。
マウスポインタの形状はリセットされません。処理終了後に【xlDefault】に戻すようにしましょう。

定数数値説明
xlDefault-4143標準のマウスポインタ
xlNorthwestArrow1矢印型のマウスポインタ
xlWait2待機状態(青い◎)・砂時計型のマウスポインタ
xlIBeam3I 字型のマウスポインタ

サンプルコード

下記のコードは繰り返し処理中にポインターを待機状態にして、処理が終了したときにデフォルトに戻すというコードです。

 

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です