Excel関数 日付の「月」を返す【MONTH関数】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

今回は日付のデータのセルから「月」を返す【MONTH関数】についてです!

個人的に【「日」を返すDay関数】や【「年」を返すYEAR関数】に比べると影が薄い印象です(笑)

ですが、他の関数と同じで覚えておくと便利な関数ですので覚えておきましょう!

MONTH関数とは?

MONTH関数はその名前の通り、日付から「月(MONTH)」を取得する関数です(^^♪

MONTH関数関数の書式

MONTH関数の書式は以下の通りです!

引数説明
シリアル値シリアル値は日付や時刻を数値で表した値で、シリアル値を返す関数(Now関数など)や日付が入力されている関数を指定してください

MONTH関数の使い方

MONTH関数はデータ日付から「月」だけを返す関数です(^^♪

画像のようにMONTH関数では日付型のデータやシリアル値から「月」の部分のみを返します。

下記の画像ではそれぞれ指定の仕方が全く違いますが、すべて同じ値を返していますこの使い分けする事がポイントです。

Now関数は実行時の日時(2018/8/8)を元に値を返しています。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です