VBA 【Mod演算子】割り算の余りを求める



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、皆さんMod演算子というのはご存知ですか?

演算子というのは【+】や【-】というようなものと同じものです。

Excel関数で【Mod関数】がありますが、VBAでは【Mod演算子】として存在しています。

Mod演算子は割り算の【あまり】を求める演算子

さて、Mod演算子はタイトルの通り割り算の余りを求める演算子です(‘ω’)

なので【3 Mod 7】という数式は

【3÷7の余りはいくつ?】

という形になるのです。(答えは3)

このように割り算に余りがあるのか無いのかを取得することで、処理の分岐などにも使えるのではないでしょうか?

Mod演算子の使い道 VBAで奇数・偶数を判別する

さて、ではMod演算子はどのような時に扱うのか?

一番有名なのは奇数と偶数を判断する場合です(^^♪

使い方はとっても簡単です、すこし考えてみてください。

偶数と奇数は【2で割り切れれば偶数、割り切れなければ奇数】ですよね?

だったら【変数 Mod 2】をしてあげて値が0だった場合は偶数、それ以外なら奇数と判断できるわけです。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です