Excel関数【Mod関数】割り算の余りを取得する



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、この前VBAでのMod演算子をご紹介しましたが、Excel関数にもMod関数というものがあります。

このMod関数はVBAのMod演算子と同じ働きをするのでシート上で割り算の余りを取得したい時などに使用するのがいいと思います(^^)

ExcelVBAのMod演算子についてはこちら

Mod関数とは?

Mod関数は、割り算をした余りを求める関数です。

Mod関数の書式

Mod関数の書式は以下の通りです!

=MOD(割られる数,割る数)
引数説明
割る数割り算の分子となる数値を指定します。指定方法は「数値」と「セルのアドレス」で指定します
割られる数割り算の分母となる数値を指定します。

指定方法は「数値」と「セルのアドレス」で指定します

Mod関数の使い方

Mod関数は割り算をしたときの余りを求める関数です。

下記の画像ではセル指定と数値でそれぞれ指定医した場合の使い方をしています(‘ω’)

他にもIF関数を使用して、Mod関数で数値を2で割り算をして割り切れれば「奇数」、割り切れなければ「偶数」という【奇数・偶数の判定】などに使うことができます(^^♪

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です