VBAでGooglemapを使わずに地図を作成(Yahoo!API)



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、最近VBAの記事を書いていなかったのでネタを探していたら「Googlemap使えてなくないか?」ということに気が付きました(*_*;
参考:「ExcelVBAとGoogleマップの連携2

恐らくGoogleAPIの仕様(無料が有料化「実質無料」)が変更になったことが原因だと思うのですが・・・

GoogleAPIは登録とかが面倒そうだったので今回は「Yahoo! JavaScriptマップAPI」を使用して「ExcelVBAとGoogleマップの連携2」と同じような地図を作成してみようかと思います(^^♪

VBAでYahoo! JavaScriptマップAPI 地図を表示する手順

まずYahoo!マップを表示する為に必要な準備をしていきましょう。用意するものは以下のものです(^.^)

  1. 地図作成VBAファイル(ユーザーフォームも作成する) yhoomap.xlsm
  2. HTMLファイルを作成するためその元となるデータ  mapdate.txt
  3. Yahoo!APIキー【Yahoo!APIキーを取得はこちらから、取得方法は「VBA 郵便番号から住所を取得する方法」で紹介しています。】

この後、yhoomap.xlsmでHTMLファイルを作成しますがとりあえずはこの3つを用意します。

地図ファイルの元になるtxtファイルを用意する

mapdate.txtは下記のように作成します。このファイルをVBAで読み込み、HTMLに変換して出力します。

地図表示するユーザーフォームを用意する

地図を表示する為のフォームを作成します。用意するのは下記のコントロールです(^.^)

コントロール役割
TextBox1YahooAPIキーを入力
TextBox2出発地の住所やキーワードを入力
TextBox3取得した出発地の座標を表示
TextBox4出発地住所をもとにUTF-8エンコードした文字列を表示
CommandButton1取得した座標をもとにYahoo!へリクエストを送る
WebBrowser1Yahoo!から得た地図画像を表示する

地図を表示するコード

地図を作成するコードは以下のようにしました(*_*;

私も慣れない処理だったので長くなってしまいました(*_*;もう少し最適化できれば随時更新します(;^ω^)

下記のコードは下記の二つの処理を行っています。

  1. 地図表示のHTMLを作成するコード
  2. 住所を元に座標をYahoo!にリクエストするコード

下にファイルのダウンロードを置いて置きますので好きに変えて使用してください(笑)

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

 

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver