VBA 【LOF関数】ファイルサイズを取得する



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、今回はファイルサイズを取得する関数という事なんですが、ファイルサイズを取得するといえば「FileLen関数」を思いつくかと思います。

FileLen関数と今回ご紹介するLOF関数は少し特性が違います。

今回はその違いも含めて解説していきます(^^♪

 

VBAにLOF関数とは?

Openステートメントで既に開かれたファイルのサイズを取得するための関数です。
Openステートメントについては『VBAでテキストファイルを操作する方法』で確認してください(^^)

また、FileLen関数とは違い、テキストファイルなどを書き込み中でもLOF関数ならファイルサイズを取得する事が可能です。

LOF関数の書式

LOF関数の書式は以下の通りです。

引数には対象となるファイルの「ファイル番号」を指定します。「ファイル番号」は1~511の範囲の数値で指定します。

LOF関数の使用方法

上記でも紹介したようにLOF関数はOpenステートメントで開いたファイルのサイズを取得できます。またLOF関数は書き込み中でもファイルサイズを取得することができます。

下記のコードでは「DドライブのLOFテスト.txtに『これはテストです』を5回書き込みを行う」というコードです。

そして書き込み中の間にイミディエイトウィンドウにLOF関数とFileLen関数の値を出力しています、結果を見ていただければわかると思いますが、LOF関数は文字を追加した分ファイルサイズが増えていきますが、FileLen関数の分は増えていないはずです。

これがLOF関数とFileLen関数の差になります。

LOF関数サンプルコード実行結果

LOF関数サンプルコード実行の結果

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver