VBA【LBound関数】配列の最小要素数を返す



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、前回ご紹介した【UBound関数】と同じように、配列に使用するのが目的の関数です。

というわけで今回も配列の要素数を取得するのに便利な【LBound 関数】についてご紹介します(^^)/

配列、動的配列については下記のページをご覧ください。
配列、動的配列について【VBAの配列について徹底解説

最大要素数を取得するUBound関数については下記のページをご覧ください。
UBound関数について【VBA【UBound関数】配列の最大要素数を返す

VBAのLBound 関数とは?

上記でも説明した通り、LBound 関数は指定した配列の最小の要素数を取得する関数です。
動的配列の要素数を取得するときなどに使うことが多いです。

LBound 関数の書式

LBound 関数の書式は以下の通りです。

引数説明
配列要素数を取得する配列名を指定します
次元要素数を取得する配列の次元を指定します。省略可能です。

戻り値には数値型 (Long)で返されるので、ループ処理などで指定することが多いです(^^♪

LBound 関数の使用例

UBound関数と同じように、LBound 関数の使用例もループ処理することが多いですね(‘ω’)

前回と同じく、【VBAの配列について徹底解説】で使用した配列を使用して、配列【Group】の要素をメッセージボックスに表示してみます。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です