Excel関数 【ISFORMULA関数】数式かどうかを調べる



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、数式と文字列が混ざった表があった場合、数式かどうか知りたいことってありませんか?・・・まぁ実際にあるかどうか分かりませんが(笑)

関数として用意されているのが今回ご紹介する「ISFORMULA関数」です。使用する機会があるかどうかは分かりませんが、せっかく用意してくれているので、一応ご紹介します(^^♪笑)

ISFORMULA関数とは?

ISFORMULA関数は参照したセルに数式が使用されているかどうかを調べることができる関数です。

戻り値は、【セルの参照】に数式が使われていれば【TRUE】、数式以外ならば【FALSE】が返されます

ISFORMULA関数の書式

ISFORMULA関数の書式は以下の通りです。

=ISFORMULA(セルの参照)
引数説明
セルの参照セルに数式が使用されているか調べたいセルを指定します。

ISFORMULA関数の使い方

ISFORMULA関数は数式が使われていれば【TRUE】、数式以外ならば【FALSE】が返されます。

なのでIF関数などと使うことで「数式だった場合、数式以外だった場合」などの条件式を作成することができます(画像内セルC7参照)

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver