VBA 値のエラーを判定する【IsError関数】



どうも、takaです(^^)/

今回は「値のエラーを判定する」IsError関数をご紹介します(^^)/

この「Is系」の関数は「データが〇〇であるか判定」するときに使用します。今までにもIsDate関数】・【IsNumeric関数などをご紹介してきました(^^♪

今回のIsError関数は、関数の戻り値やセルの値がエラーかどうかの判定に使用します(^^)/

IsError関数の書式

IsError関数の書式は以下の通りです。

IsError関数は、引数がエラー値である場合Trueを返します。エラー値でない場合はFalseを返します(^^♪

IsError関数の使用例

下記のsampleではセルA1の数式がエラーであるかを判断します。

画像ではVLOOKUP関数がエラー値を返してきていますのでTrueが返されます。

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標