VBA【IsDate関数】日付形式かどうかを判定

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、データを入力するフォームなどを作成するにあたり、一番気を付けなければいけないことが「データチェック」です。

例えば数値しか入力してはいけないテキストボックスに文字列を入力されてしまっては、もうデータはめちゃくちゃですよね?

その様なことがないようにデータ入力のフォームにはチェック機能を付けることが必要不可欠なのです(;・∀・)

今回はそんなときにとっても便利な「IsDate関数」についてご紹介します(^^♪

数値かどうかを判定する場合は【VBA 【IsNumeric関数】数値であるか判定】を活用しましょう。

VBAのIsDate関数とは?

IsDate関数は指定した引数が日付であるかを判定する関数です。

IsDate関数の書式

IsDate関数の書式は以下の通りです。

指定したデータが日付だった場合はTrueを返し、日付でない場合はFalseを返します

IsDate関数は西暦以外の和暦である場合でも日付形式でもTrueで返しますので平成29年1月1日などでもTrueで返します

IsDate関数の使い方

IsDate関数は日付のデータだった場合にTrueを返すので、IFステートメントを使ってTrueを返された場合は日付、それ以外は日付以外という処理分けを行うことでデータチェックを行うことが可能です(^^♪

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です