Excel関数 【INT関数】小数点以下を切り捨てる



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、Excelで表を作成していくなかで、小数点以下を切り捨てたい時って多々ありますよね?そんな時にはこの「INT関数」を使います!

VBAのINT関数はこちら「VBA【int関数/Abs関数】数値を操作する

INT関数とは?

INT関数は小数点以下の数値を切り捨てる関数です、ちょくちょく使うことがあると思うので小数点以下を切り捨てたい時は「INT関数」ということだけは覚えておくといいかもしれません(^^♪

INT関数の書式

INT関数の書式は以下の通りです。

=INT(数値)
引数説明
数値小数点以下を切り捨てたい数値を指定します。

引数【数値】の小数点以下を切り捨て、その数値以下で最も近い整数を返します。

INT関数の使い方

INT関数の使い方は上記ので書いた通り小数点以下を切り捨てて最も近い整数を返します。下記のように数値を返します。

データINT結果
1.1111
0.99990
2.52
44
5.995

 

フォロー・チャンネル登録お願いします

VBA以外についてのブログはこちら↓

https://yb-log.com/

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver