VBA【InputBox関数】ダイヤログボックスで文字入力



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、皆さんはVBAを勉強している中でこんな画面を見たことがありませんか?

実はこれ、関数を使用して表示しているんですよ?(笑)

今回はこの「InputBox 関数」についてご紹介していきます!

VBAのinputBox関数とは?

今回ご紹介するInputBox関数は文字列を入力させることができるダイヤログボックスを表示する関数です(^^)

文字列を入力するときなどに使えるので使用方法だけでも覚えておくとのちのち便利でしょう(^.^)

inputBox関数の書式

inputBox関数の書式はこのようになります。

では実際に使用してみましょう使用するコードはこちらです

この赤枠の部分は好きなタイトルなどを使用してわかりやすいダイヤログボックスを作成してください!

InputBox関数のキャンセルの判定

inputBox関数のキャンセルが押された場合の判定方法を紹介します!inputBox関数はキャンセルが押された場合【””】(空)が返されますのでIFで判定をしてあげれば判定が可能です。

キャンセル判定ができました(^^♪

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です