VBA ハイパーリンクを使用する方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

Excel上で参考にした表で、webサイトを参照させる場合があります。その時にただの「文字列」で入力すると「参照先に移動する場合、パスをブラウザにコピー&ペーストするなどをしなくてはいけないです(;^ω^)

この手間を省くには「ハイパーリンク」という機能を使用します(^^♪

VBAでハイパーリンクを設定する[Hyperlinks.Add メソッド]

VBAでハイパーリンクを追加するには、「Hyperlinks.Add メソッド」 を使用します。

Hyperlinks.Add メソッドの書式は以下の通りになります。

名前必須 / 省略可能データ型説明
Anchor必須オブジェクト型 (Object)ハイパーリンクのアンカーを指定します。 Range オブジェクトまたは Shape オブジェクトを指定します。
Address必須文字列型 (String)ハイパーリンクのアドレスを指定します。
SubAddress省略可能バリアント型 (Variant)ハイパーリンクのサブアドレスを指定します。
ScreenTip省略可能バリアント型 (Variant)ハイパーリンク上をマウス ポインターで指した場合に表示されるヒントを指定します。
TextToDisplay省略可能バリアント型 (Variant)ハイパーリンクで表示されるテキストを指定します。

参考:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/vba/excel-vba/articles/hyperlinks-add-method-excel

 

実際にVBAでハイパーリンクを設定してみる

という訳で実際にVBAでハイパーリンクを使用してみましょう(^^♪

コードの実行後は画像のようになります。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です