ふりがなを自動で取得する方法



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

ふりがなを自動で取得する方法

顧客管理や名簿といったものに対して必ずと言っていいほど入っている項目があります、それが【フリガナ】Or【ふりがな】です。そしてこの【ふりがな】を記入するのにいちいち名前と同じキー入力をしないといけない煩わしさがあると思います。個人的に一番忌み嫌う項目の一つです←

という事で今回はそんなふりがなを簡単に自動で取得する方法をご紹介したいと思います。

用意するフォーム

用意するコントロール

  1. 【TextBox1~4】

ふりがなを振るコード

コードの解説

では上記のコードの解説をしていきます。

ここは今更説明は必要ないかもしれませんが一応

対象コントロールの値が変更されたときに動く【change】イベントに振り仮名を振るプロシージャーを呼び出すコードを記述します。

続いてTextBox1の値からフリガナを取得するコードの解説です。

まずフリガナを取得するには 【Applicationオブジェクト】の【GetPhoneticメソッド】を使用します。なので上記にある

TextBox2.Value = Application.GetPhonetic(TextBox1.Text)

とは、すなわち【TextBox1の内容に対しふりがなを取得しなさい。そしてTextBox2に表示しなさい】というコードです。

Application.GetPhoneticはすごい便利なのですが一つ面倒なのが、【フリガナ(全角カナ)】しか返しません。

なので他の書式にしたい場合は【文字列を指定して変換【StrConv関数】】を使用して全角カナで返された値をStrConv関数を使用して変換する必要があるのです。

そうすることで好きな形態のふりがなを振ることが可能になります。

 

ダウンロード

今回ご紹介したフォームは以下にてダウンロードできます。

今回使用した関数

StrConv関数についてはこちら

VBA 【StrConv関数】文字列を指定して変換
どうも、takaです(^^♪さて、皆さんは「ひらがな→カタカナ」に変換したいと思ったことはありませんか?「ふりがな→フリガナ」に変えたい時など(;^ω^)そんな時、VBAでは【...

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です