Excel関数 AVERAGE関数【指定した範囲の平均を求める】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

今回はExcel関数の「AVERAGE関数」についてご紹介していきます(^^♪

通常の計算で平均を求める場合は、「データの合計÷データの個数」を足す必要があります(;^ω^)

Excel入門 関数とは?】という記事の中でも書いてありますが、下記の画像を見て解るように「AVERAGE関数」を使えば簡単に平均を求めることが可能になります(^^♪

AVERAGE関数とは?

AVERAGE関数は、Excelを覚え始めの頃に使い始めるであろう関数です(^^♪

平均を求める関数ということで、実務でも使う機会が多いと思いますので是非使い方を覚えておきましょう(^^)/

AVERAGE関数の書式

AVERAGE関数の書式は以下の通りです。

AVERAGEの後にセルの範囲を指定することで指定した範囲の数値の平均を返します!

AVERAGE関数の使い方

AVERAGE関数の基本的な使い方をご紹介します(^^♪

AVERAGE関数は、指定したセルの範囲の数値の平均を求めることが出来ます、下記のような表があった場合は次のようにセルの範囲を指定します。

ちなみに、範囲内に文字列が入っていてもエラーにはなりません。

「日付形式」などの「見た目は日付でも中身は数字」の場合は元のデータの数値を認識して表示してしまいますので、意図しない結果が表示されてしまうかもしれませんので、範囲はなるべくデータのみにしておきましょう。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です