VBA 指定した時刻の【時】を取得する【Hour関数】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

気付けば2018年も来月で半分になってしまうんですね( ;∀;)

時間が立つのは早いものですね(; ・`д・´)

さて、今回もVBA関数についての記事です!

今回ご紹介するのは指定した時刻の【】を取得する【Hour関数】です(^^)/

Hour関数の書式

Hour関数の書式は以下の通りです。

引数「時刻」で指定した「時・分・秒」の「時」の部分を0~23の数値で返してくれる関数です(^^♪

値に日付を指定した場合は「0」が返ってきます。

Hour関数の使用例

Hour関数の使用例としていくつか載せておきます(^_-)-☆

Hour関数は時刻を指定した場合にその「時」を返す関数なの「日付型」に変換できない値を指定した場合エラーになります

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です